みなさんは銀歯に使われている素材について考えたことはありますか?

今回は『保険治療で使用される銀歯』についてお話ししたいと思います。
銀歯に使われる金属はパラジウム合金といって金、銀、銅、パラジウム、亜鉛、錫などが含まれており、ドイツでは使用が禁止されています
残念ながら日本では保険治療する場合、使わざるを得ません。

この画像のように日本ではドイツで禁止されている金属のオンパレードなのです。
いかがでしょう?
この画像の患者さまが特別なのではなく、同じようなお口の状況の患者さまは珍しくありません。

ネックレスやピアスなどに金属アレルギーがある方がよくいらっしゃいますよね。はたして、18金にアレルギーがある人がパラジウム合金に対して大丈夫だと思いますか?
たくさんの人々が経験しているのではないでしょうか。

悲しいかな、日本の保険歯科医療の現実です。

保険治療の銀歯が1歯3,000円、セラミックの歯が1歯10万円。
患者さまにご説明する際に「1歯10万円」と費用についてお話ししますとびっくりされることがあります。ですが、それも考え方の問題ではないかと思います。

例えば・・・
女性が美容院でパーマをかけるのに2万円費用がかかるとします。そのパーマの効果は2か月程しか持続しないのではないでしょうか?

セラミックの歯は普通に生活して10年は余裕でもちますよ。
それに保険治療と比べると二次カリエスの確率もかなり少なくなり再治療のリスクも減らせます。
それでも高いと思いますか?
髪にはお金をかけるけれど、身体の中に入るものは節約する。。。
その考え方はとても残念に感じてしまいます。

歯科医師が自身や家族に歯科治療が必要になった場合、ほとんどの歯科医師は保険治療を選択していないと思います。なぜなら、仕上がりやお口の健康維持を長期で考えた場合、自費治療の方がより良いですし、リスクが少ないからです。
その逆に患者さまへ自費治療より保険治療を進める歯科医師は、患者さまのお身体を大切に考えていないのではないかと私は思ってしまいます。

自分の歯を健康な状態で維持すること、健康な歯が身体に与える効果、健やかな毎日を送るには「歯」の存在を無視することはできません。そう、意識せざるを得ないのです。

みなさんも歯に対する意識、考え方を変えてみませんか?
岡崎デンタルオフィスでは患者さまお一人おひとりに合わせた最適な治療法をご提案させていただきます。患者さまがよりよい選択ができるように治療説明をとても大切にしています。

スマホからのWEB予約

24時間オンライン予約受付中です

ご予約はお電話またはWEBにて承っております。 0564-64-7712 ご予約・ご相談など
お気軽にお電話ください 受付時間:
平日9:30-19:00/土曜9:30-17:00 休診日:木曜・日曜・祝日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です