診療内容 Contentsof medical treatment

ペリオスコピーシステム(歯科用内視鏡)Perioscopy System

ペリオスコピーシステム

歯周病治療は新しいステージへ!
岡崎市初の歯科用内視鏡 ペリオスコピーシステムで細部までこだわった丁寧な歯周病治療。

岡崎デンタルオフィスには国内で導入している歯科医院がまだ少ないという歯科用内視鏡 ペリオスコピーでの治療を行っています。これまで直視することができなかった歯周ポケット内を可視化することで、細部まで丁寧な治療が可能になりました。

ペリオスコピーシステムとは

歯科用内視鏡

見える治療が変えていく口腔内管理。

手探りだった治療から、見える治療へ。

従来では目視することができなかった部分でも、モニターで歯肉溝内の状況を確認しながら、歯周病の原因となる歯肉縁下のプラーク、歯石、汚染歯根面、不良肉芽組織を除去することができます。この勘に頼らない見える治療は、世界では2001年以降この技術を採用しているそうです。つまり手探りでは十分に歯根を除菌、結石を除去することができてなかったということです。細部まで可視化することで取りきれていなかったプラークなどを除去できるということは、治療後の回復も従来より早く、身体への負担も少なくした歯周病治療を行うことができます。

ペリオスコピーを使用した治療の特徴

・従来よりも正確な診査・診断ができる。
・可視化することで細部まで丁寧にプラークを除去することができる。
・重度の歯周病の場合でも、適切な治療により早期回復を見込める。
・歯周外科手術の必要性を最小限に抑え、身体への負担を軽減。

頼れるチーム医療

岡崎デンタルオフィスは患者さまとのコミュニケーションを大切に歯科治療からアフターケアまで安心して通っていただけるように担当医制となっております。ペリオスコピーを用いての歯周病治療もトレーニングを積んだ歯科衛生士が治療の進行から口腔内の経過などの状態管理までを一貫して担当させていただきます。また、世界水準の治療をご提供できるよう日頃からの研鑽のみならず効果が見込める最新機材の導入、そしてそれらを使いこなせるチームの育成にも力を入れています。年齢とともに口腔内も変化しますので、私たちと一緒に長期的にお口の健康を考えていきましょう。

歯周病は自覚症状のないまま全体的に進行します。

歯周病が恐いのは、自覚症状のないまま徐々に進行して、自覚症状がでるとかなり進行していることが多い点です。一旦進行してしまうと歯周病は自然治癒することがありません。また、1本ずつ(局所的に)悪くなるのではなく、全体的に進行する為、ある時点から急激に数本の歯を失うことがあります。

歯周病にかかっている人の割合は、25歳~34歳で75%、35歳~64歳で80%というデータもあります。「歯を失わない」為には、歯周病に対する正しい知識を身につけ、その治療と予防を専門的に、そして確実に行うことが大切です。

原因を改善、繰り返さないためのケア。

インプラント治療を始める前に、お口の状態を健康な状態に改善する必要があります。歯周病が原因で歯を失っていたのならば、インプラント治療後もきちんとケアできるように指導やメンテナンスをする必要があります。その治療計画を患者さまに納得していただき治療に入ります。

口腔内検査等により、歯周病の状態、歯質の状態、歯周病へのなりやすさなどのデータを取得し、PMTC(専門の機器を用いたプロによるクリーニング)やTBI(ブラッシング指導)、生活習慣改善を併用した患者さま独自のオーダーメイドの歯周病治療プログラムを構築していきます。

口臭が気になる場合も・・・

困ったことに口臭は自分では気づきにくいもの。

周りの人が自分の口臭を不快感を感じているのではないかと、日頃から心配している方も多いのではないでしょうか。臭いの強いものは食べないように心がけ、口臭への配慮からガムなどを噛んでいても口臭が改善されない場合は加齢が原因だと思つている方も多いようです。 実はそれは虫歯や歯周病、歯垢(プラーク)が口臭の原因となっている場合が多くあります。口臭がきになる方はPMTC(プロフェッショナルクリーニング)や定期検診を受けてみることをお勧めします。もし口腔内に口臭の原因が潜んでいるのであれば治療することで改善が見込めます。

お電話でのご予約
オンライン予約

 

採用応募エントリー

information

  • よくあるご質問
  • 医療費控除について

 

自費治療の保証体制

ページ上部へ戻る