診療内容 Contentsof medical treatment

ホワイトニングWhitening

透明感のある白い歯は、お顔を明るく健康的に見せます。歯に自信があると、人に笑顔を見せたくなるものですよね。 気になる歯の着色や黄ばみを、歯を削らずに白くするのが歯のホワイトニング

しかし、毎日丁寧に歯みがきしていても、加齢とともに歯が黄ばんできたり、色の濃い飲食物の色素が沈着したりしてしまうことがあります。そんなときには、薬剤を使ったホワイトニングがおすすめです。歯を内側から漂白するため、削ることなく、自然な印象の白い歯を取り戻すことができます。「一度ホワイトニングをすれば、一生白い歯でいられますか?」とよく質問されますが、コーヒーや着色料の入った食品、タバコのヤニなどが付着すると時間とともに、歯は汚れてしまいます。歯が汚れたらクリーニングするという感覚でお試しください。

岡崎デンタルオフィスでは患者さまのご要望やご都合にあわせて、次の3タイプのホワイトニング法をご用意しています。ホワイトニングは歯の質などによって効果に個人差が出ますので、当院医師とのカウンセリング後に適切な処置を行います。

今注目のポリリンプラチナホワイトニングシステム

こんな方にオススメ

ポリリンプラチナホワイトニングシステムとは?

ポリリンプラチナホワイトニングシステムとは、ポリリン酸という成分を使ったホワイトニングの施術方法です。
このポリリン酸は微生物から哺乳類にいたるまで、あらゆる生物の体のなかにもともとある成分のため、その安全性も担保されております。ポリリンプラチナホワイトニングシステムとは、このポリリン酸を使って歯の汚れをおとし、コーティング(ステインや歯石の沈着防止)するため、痛みもなく、着色しにくく、透明感が残ります。

ポリリンプラチナホワイトニングシステム

紅茶やコーヒー、タバコのヤニ等でくすんでしまった歯の表面には、ステインが付着しています。

ポリリン酸は歯面に付着したステインに近づくと、ステインを剥がしながら歯の表面をきれいにすると同時に、歯をコーティングして再び汚れてしまうことを防ぎます。

ポリリンプラチナホワイトニングシステムのメリット

ポリリン酸は、歯に付着するステイン(歯の黄ばみやくすみの原因物質)を落としやすくして付きにくいという特長があります。
通常、歯のホワイトニングには清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等が使われいずれも歯を傷つけてしまう原因となりますが、ポリリン酸を使ったポリリンプラチナホワイトニングシステムであれば無駄に傷をつけることがなく、輝く白い歯を手に入れる事ができます。

ポリリンプラチナホワイトニングシステムの6つの効果
 1. 3倍白くなる
 2. しみない
 3. 着色戻りが圧倒的に少ない
 4. 歯質を強化できる
 5. 傷つけない
 6. 歯の表面と内部両方をコーティングできる

ポリリン酸Naの様々な効果

分割ポリリン酸とは、バクテリアからほ乳類まであらゆる生物の体内に存在する生体高分子です。リン酸が鎖状に複数個結合し、その長さと濃度によってそれぞれ効果が異なります。
歯周病治療に用いられることが一般的に知られていますが、育毛・発毛ケアに有効な「長鎖分割ポリリン酸」や、肌の再生力をたすける「中鎖分割ポリリン酸」など、様々な分野であらゆる効果が確認されています。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯の表面にホワイトニングジェルを塗って特殊な光を当てることで歯の内部にある色素を分解し、歯を白くします。ホワイトニングの効果は個人差により異なりますが、1回のホワイトニングでその直後から効果を体感できます。

当院では1回のホワイトニングだけでなく、より理想に近い歯の色に近づけるようにホワイトニングコースもご提供しています。

当院のオフィスホワイトニングコース

【 1回コース 】
 ・PMTC x 1回
 ・ポリリンホワイトニング x 1回(3回照射)

【 レギュラーコース 】
 ・PMTC x 3回
 ・ポリリンホワイトニング x 3回(3回照射 x 3回)

【 クリスタルコース 】
 ・PMTC x 3回
 ・ポリリンホワイトニング x 3回(3回照射 x 3回)
 ・ホームホワイトニング スターターキット
 ☆ポリリンホワイトニング WXプレゼント

【 プラチナコース 】
 ・PMTC x 5回
 ・ポリリンホワイトニング x 5回(3回照射 x 5回)
 ・ホームホワイトニング スターターキット
 ☆ポリリンホワイトニング WX + ポリリンホワイトニングEXプレゼント

オフィスホワトニングの流れ

① カウセリング

色調測定、写真撮影

② 歯のクリーニング

ホワイトニング前に専用の器具を用いて、歯石、ヤニ・茶渋等の着色を落とします。これで本来のご自分の歯の色を取り戻すことができます。

③ ホワイトニング開始

歯にホワイトニング剤をつけてレーザー照射します。
8分照射 x 3回

④ 完了

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングのメリット デメリット

メリット
・歯に与えるダメージが少ない
・自分の思い通りの白さになるまで続けることができる
・自宅で行うことができる

デメリット
・歯が白くなるまで時間がかかる
・手間がかかる
・少しずつ色が変わるので効果がわかりづらい

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用します。
短期間で効果が実感できます。
目標の白さに到達するまでの時間を大幅に短縮でき、白さも長期間維持することができます。

デュアルホワイトニングのメリット

1回の施術でかなり白くすることができ、その白さを持続することができます。
2つの方法を併用して行うことで、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方の効果を望むことができます。今すぐ白くしたい、その白さを長続きさせたいという完璧なホワイトニングを求める患者さまにおすすめです。

デュアルホワイトニングのデメリット

2つの方法を併用するため、コストがかかります。
クリニックホワイトニング、ホームホワイトニングを同時に行うため、どちらか一方を行う場合よりもコストはかかってしまいます。

ホワイトニングの注意点

・人によっては、ホワイトニングの施術中に歯がしみる場合がありますが、治療終了後は痛みはなくなります。
・回数や治療期間には、個人差があります。
 希望する白さに1回のホワイトニングでなる方もいれば、数回のホワイトニングが必要な方もいます。
・1度白くなった歯は永久に白いままではありません。
 歯の白さを保つために、定期的に半年に一度は、歯科医院でのメインテナンスを受けましょう。
・オフィスホワイトニングでは人工歯や、かぶせた歯を白くすることはできません。

お電話でのご予約
オンライン予約

 

採用応募エントリー

information

  • よくあるご質問
  • 医療費控除について

 

自費治療の保証体制

ページ上部へ戻る