prev

next

お電話でのご予約は0564-64-3330
インプラント

インプラント

自分の歯を失った方や骨が少なく、インプラント治療が困難な症例にも実績と高品位な技術で対応します。

審美歯科

審美歯科

ジルコニアやセラミック素材を使用することで、気になっていた銀歯を自然な見た目の歯に変えてみませんか?

ホワイトニング

ホワイトニング

歯の着色が気になる方へ朗報です!今話題のポリリンホワイトニングで、健康的で美しい笑顔をとり戻しませんか?

 


保険診療と自費診療の違い

意保険診療と自費診療の違いについて解説していますので参考になさってください。

自費治療の保証体制

当院の自費治療には保証がついています。治療後までも安心のトータルサポート。

治療費について

お口の状態により多岐に渡るため、各治療費はおおよその参考としてご覧ください。

 

 

岡崎デンタルオフィス 6つの特徴

岡崎デンタルオフィス外観

 

広域医療法人 白翆会
岡崎デンタルオフィス
院長:佐藤 剛(Go Sato)

〒444-0834 愛知県岡崎市柱町東荒子214番地
TEL:0564-64-7712 / FAX:0564-64-7713

【 休診日 】祝日 / 年末年始 他
※木曜・日曜日は隔週での診療となりますので、お電話にて診療日をご確認ください。

曜日 午前診療 午後診療
月〜金 09:30〜13:00 15:00〜20:00
土・日 09:30〜13:00 15:00〜17:30

 

託児サービスご希望の方は、ご予約の際に「託児サービス希望」とお伝えください。なお、当日のご要望にも対応いたしますが保育士が不在の場合もございますので、ご了承ください。

 

【電車でお越しの方】
◎ JR東海道本線 岡崎駅東口から徒歩5分
◎ 愛知環状線 岡崎駅東口から徒歩5分

【お車でお越しの方】
◎ 248号線からは庄司田1丁目交差点を岡崎駅方面へ2分
  (岡崎創寫舘のある交差点を岡崎駅方面へ)

岡崎デンタルオフィス公式 スタッフブログ

 

今年も大きなクリスマスツリーの登場です!

2016.11.26
今年も大きなクリスマスツリーの登場です!

ここのところ、めっきり寒くなりましたね。東日本では雪が降ったりと、いよいよ冬がやってきたみたいです。岡崎デンタルオフィスの冬といえば昨年もご好評いただきました大きなクリスマスツリー!今年も早速設置しました。このクリスマスツリーはなんと3.6mあるのでとても見ごたえがあるクリスマスツリー ...

 

意識することからはじめる、お口の健康維持。

2016.11.10
意識することからはじめる、お口の健康維持。

「歯磨きしてをいれば虫歯にはならない」と思っていませんか?日頃からのセルフケアはとても大切なことですが、お口の状態は人それぞれ異なるため歯磨きだけで完全に虫歯や歯周病などを防ぐことはできません。もしかしたら「毎日歯磨きしていたのに虫歯になった、歯茎が腫れた。」という思いを ...

 

見える治療が変えていく口腔内管理。

2016.10.26
見える治療が変えていく口腔内管理。

手探りだった治療から、見える治療へ。岡崎デンタルオフィスには国内で導入している歯科医院がまだ少ないというペリオスコピーという歯科用内視鏡があります。従来では目視することができなかった部分でも、モニターで歯肉溝内の状況を確認しながら、歯周病の原因となる歯肉縁下のプラーク ...

 

頼れるパートナーになれるように!

2016.10.14
頼れるパートナーになれるように!

先日のことですが『私たちの歯科医院』を知るためのワークショップを行いました。日頃から患者さまのお口の健康を考えて取り組んでいるのはもちろんですが、自分たちが働いている歯科医院、患者さま目線からの歯科医院、実情をしっかり捉えることでもっと素敵な歯科医院にできるのではないか ...

 

開院1周年、これからの1年を考える。

2016.09.12
開院1周年、これからの1年を考える。

岡崎デンタルオフィスは、9月1日に開院1周年を迎えました。開院してから学会などを除きできるだけ休むことなく診療してきましたのであっという間の1年でしたが、患者さまの笑顔を思い浮かべると毎日充実した日々を過ごせたと実感が湧いてきます。こんなにも時間の流れが早かった365日は ...

 

歯医者さんにもお薬手帳をご持参くださいね。

2016.08.24
歯医者さんにもお薬手帳をご持参くださいね。

お薬を飲まれている方はお薬手帳をご持参ください。岡崎デンタルオフィスでは、何かのお薬を飲まれているという患者さまには必ずお薬手帳の提示をお願いしています。「歯科医院でもお薬手帳が必要なの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、治療内容により抗生剤や痛み止め ...

 

 

ページ上部へ戻る