歯ブラシについて学びました。

患者さまにブラッシング指導を行うには、まずは私たちが歯ブラシについてもっと知識をつけたいということでメーカーさんにお願いして歯ブラシ講座を開いていただきました。歯ブラシにはサイズや硬さなど種類があるのはお店で見たことがあると思います。では、歯科医院で使用している歯ブラシはどう違うのでしょうか。

当院では治療内容や、患者さまのお口の状況に応じて使用する歯ブラシ、オススメする歯ブラシを変えています。それは一般的に市販されている歯ブラシと同じようにヘッドの大きさ、ブラシの硬さなどが異なりますがそれらに加えて症状別で分かれています。例えば当院で使用している歯ブラシではインプラント手術をされた方用、歯周病用など10種類ほどあります。

「私は、口が小さいから小さめの歯ブラシを選んでます。」「硬めのブラシでなければ磨けている実感がない。」「特に気にしたことがない」多くの方々は、このように感覚で歯ブラシを選択していると思います。私自身も以前はなんとなく「柔らかめがいいかな?」程度の勘と好きな色で決めていました。

毎日歯磨きをしているけれど虫歯ができてしまったという方は、磨き残しがあるからかもしれません。ということは歯ブラシの選択が合っていないのかもしれません。奥まで磨いているつもりでも実は奥まで届いていない、強く磨きすぎていて歯茎を傷つけてしまっている。歯磨きの仕方に加えて、自分にあった歯ブラシを選択するのも、お口の健康を維持する予防ポイントのひとつですね。

自分が使っている歯ブラシが適正かわからない時は診療スタッフへお声がけください。あなたに合う歯ブラシを選択してくれますよ!

● ● ●

先日のことですが院長先生と歯科技工士さんのお誕生日でした!おめでとうございまーす!スタッフみんなでお祝いして、久々にみんなで写真をとったり楽しい時間になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です