顕微鏡下の根管治療

最近マイクロエンド(マイクロスコープを使った根管治療)が増えてきて1日に数ケースあります。

根管治療は肉眼は勿論のこと拡大鏡を使ってもやはり限界があるのです(^^;)

根の治療をしても数年で腫れてきたとか、痛みが出てきて再治療になった経験が多いのはないでしょうか? 再治療は結構難しいことが多いのですが、ファイル(根管治療の際に使う器具)が根管内に折れて残っていると更に難易度が高くなってしまいます。

最近ファイル除去したケース。。

 

除去したファイル片と、実際に根管治療に使うファイル。

除去は簡単そうに見えるかもしれないですけど、このケースは結構大変でした。

なにせマイクロスコープを使って上から見えても根管が湾曲してるので見えないんで。必然と盲目下の操作になります(^^;)  しかも2根管で中隔がありその先の合流した奥にねじ込まれてます(ドクターじゃないとわからないと思います)

 

当院の得意としているところは、

インプラント治療なのですが、根管治療も頑張ってます(^^)

根管治療は盲目下になることが多いですが、このインプラント治療はサージカルガイド無しの完全フリーハンド。オールオンフォーの治療でサージカルガイドを使う先生が多いと思いますが、ガイド無しでもopeを出来る先生がガイディッドサージェリーを行うのはいいと思います。

フリーハンドで出来ないからガイディッドサージェリーはどうかと。。。

骨が少ないシビアな無歯顎ケースでサージカルガイドを使うと絶対にずれます…

 

 

 
詳しくは、当院の根管治療のページをご覧ください。

インプラント上部構造セット

本日はインプラント上部構造(歯)フルマウスのセットが3ケース。

他にもマイクロエンド数ケース。

今年中に治療終了希望の患者様での駆け込みが多いので、最近かなりバタバタしています。 極力ご希望に添えるように頑張ってはいるのですが、ドクター・歯科衛生士のキャパを超えつつあります(^^;)

本日の上部構造セットのケースをちらっと紹介します。

※患者様の掲載許可は取ってあります

1ケース目は、

上顎6本のボーンアンカードフルブリッジ。

ジルコニアを使ったスクリューリテイン(ネジ止め)です。見た目も機能もメンテナンス性もバッチリです。

オールオンフォーの場合はインプラントが4本のみで歯が作れちゃうのですが、時間的な制約がなく、治療費用の問題もない方は多少本数を増やして骨や歯肉の移植をして平行にインプラント埋入して歯を作るようにしています。 このほうが審美的に綺麗になるのとメンテナンス性がよくなるためです。(オールオンフォーも良い治療でメリットもあります)

2ケース目は、

上顎はチタンを使った金属床義歯、下顎はオールオンフォー(以前のブログにも書かせていただきました。)

治療期間は5ヶ月ほどでしょうか。

かなりシンプルな構造のためメンテナンス性も良いのと上部構造が壊れるリスクもかなり少ない設計だと思います。

やはり治療はシンプルが一番。期間も治療費用も節約できます(^^)

2ケースともオペ時間は1時間ほどでした。

 

欠損部の前後の歯を削るブリッジの平均寿命は約8年位と言われています。
インプラント治療の10年生存率は98%以上なので費用が許すのであれば、インプラント治療をお勧めします。
安易に健康な歯を削らない方が良いです。

 

当法人では、体調に問題ないケースを除き(重度の糖尿病、循環器系疾患、腎臓病など)、骨がほとんどないケースでもほぼインプラント治療が可能です。

是非遠慮なくご相談ください♪

 

最近需要が多いオールオンフォー(Allon4)

最近インプラント相談が多くなってきています。お陰様で開業初年度と比べると症例数が数倍になっておりご紹介していただくケースも増えています(^^)

本日もオールオンフォーのopeケースがありました。。

オールオンフォーとは骨が少ない方でもグラフトレス(骨の移植等も無しで)で即日取り外しの要らない歯を入れていくインプラント治療です。

*患者さんには画像の取り扱いは了承を得ています

上の入れ歯は全く問題なく使えているとのことで今回は下のみ、

入れ歯でしたが即日インプラントを入れて取り外しの必要のない歯が入りました。(プラスチックの歯なのでレントゲンには写っていません)

順調にいけば3ヶ月後完成です(^^)

インプラント治療が多い代わりに最近の予約が取りづらくなって来ています(・・;)  緊急を要する時、痛みが強い時などはお待たせしてしまうかもしれませんが極力対応するようにしていますのでその際はお電話にてご連絡ください。

当院が表彰されました

世界有数の歯科医療メーカー「ジーシー」様より当院が表彰されました!

GC製のインプラントの埋入本数が全国2位を記念してクリスタルのオブジェを頂きました。

 

東海エリアで一位いうことは今年の夏に聞いてはいたのですが全国二位というのは驚きなのととても光栄です。

最近はインプラント治療というより根の治療に力を入れていたので、今までであれば抜歯の診断だったところが保存することが出来るようになりインプラントの症例は減るはずなんですが。

使える材料は限られますが、当院では保険診療でもマイクロスコープを使って精密治療に心がけています。

● ● ●

 

ご報告ですが、

当法人のドクターが日本口腔インプラント学会のインプラント認定医を取得しました。

症例数は充分にあったのですが、中々ケースプレゼンテーション試験を受ける時間がなかったので取得していませんでした(^^;)

 

咬合再構成が必要なケース

岡崎デンタルオフィスには簡単に詰めて治せる虫歯から噛み合わせが崩壊している重度のケースまで、さまざまな症状でお悩みの患者様が来院します。今回は咬合が崩壊していてなおかつ重度の骨の吸収まで起こしているケースを紹介します。

初診の来院された時、奥歯がグラグラしていて噛み込むと歯と歯茎が接触しまい、どこでモノを噛んで良いのかわからない状態でした。そのような状態でしたので咬合の再構成(元の噛み合わせまで復元)が必要でした。
患者さまとお話ししたなかで「入れ歯は嫌だ」というお話しが聞けましたの、奥歯はインプラント治療を行い歯を極力保存していく治療計画で合意をいただきました。


骨の吸収が大きくこのままでは通常のインプラント治療で対応ができないため、骨の再生治療としてサイナスリフト、ソケットリフト、GBR、スプリットクレストという処置を行うフルコースとなりました。とはいえ、骨が少ない難症例を紹介されることが多い当院としては、得意としている治療です。

治療を始めてから1年ちょっと、患者さまの努力もありおかげでなんでも噛めるようになりました。患者さまにも満足いただけたようです。


是非治療は岡崎デンタルオフィスへご相談ください♪
セカンドピニオンだけでも対応しておりますので、よろしくお願いいたします!

● ● ●


話変わりまして、岡崎デンタルオフィスは開業してもうすぐ2年になります。
おかげさまで患者様もスタッフも増えて開業時よりだいぶ賑やかになりました。診療室や最新治療機器も増えましたのでスタッフは絶賛募集中です!

最近多くみられる歯根破折ケース

歯を失う原因として多くあげられるのが歯周病ですが、当院では歯根破折で保存不可能なケースもよく見かけられます。
失活歯(歯の神経がない)の場合は破折のリスクが高まります。そして自分自身では中々気がつかないと思いますが咬合不正があることがより破折のリスクを高めます。
当院で治療した最近の2ケースを紹介したいと思います。

Case 01.


右下の奥歯2本が完全に割れてます。そして周囲の骨もだいぶなくなっているのがわかります。こうなると抜歯しか方法がないのですが症状がないからといって放置しているとさらに状態が悪化して次の治療が難しくなってしまいます。

インプラント治療を希望されたので抜歯してインプラントの即時埋入しています。(親知らずは完全骨生埋伏のため非抜歯です)

感染を起こしている場合は、即時でインプラントを埋めていくのはリスクが高まりますがそこまで感染が強くなければすぐにインプラント治療に入っていきます。そうすることで骨の吸収も避けられ治療期間の短縮に繋がります。骨が完全に治っているわけではないため手術の難易度としては高くなりますが、適切なインプラント治療ができれば予後はかなり良いです。

Case 02.


このケースも歯根破折です。
ここまで欠損歯数が多いとブリッジは厳しいため義歯(入れ歯)またはインプラント治療の適応です。

感染があるため抜歯と同時のインプラント埋入は避けました。ソケットプリザベーションを行い、3週間ほど歯肉の治りを待ってインプラントを埋めています。骨の再生はできていないのでインプラントを既存骨に埋めてないところは再生治療でカバーしました。

インプラント治療に関してお金儲けなどとバッシングする記事をたまに見かけますが、これ以上の治療は現在ではまだないと思います。(欧米などでは欠損部の治療はインプラントが第一選択肢です)
実際私の家族、スタッフも欠損部にインプラント治療を選択してます。

患者さまに合わせた最新、最良の方法を提供しようと思うとやはり自費治療になってしまうため、当院ではコンサルテーションを大切にしており、患者さまご自身で治療法を選択してもらえるような環境を整えています。