顕微鏡下の根管治療

最近マイクロエンド(マイクロスコープを使った根管治療)が増えてきて1日に数ケースあります。

根管治療は肉眼は勿論のこと拡大鏡を使ってもやはり限界があるのです(^^;)

根の治療をしても数年で腫れてきたとか、痛みが出てきて再治療になった経験が多いのはないでしょうか? 再治療は結構難しいことが多いのですが、ファイル(根管治療の際に使う器具)が根管内に折れて残っていると更に難易度が高くなってしまいます。

最近ファイル除去したケース。。

 

除去したファイル片と、実際に根管治療に使うファイル。

除去は簡単そうに見えるかもしれないですけど、このケースは結構大変でした。

なにせマイクロスコープを使って上から見えても根管が湾曲してるので見えないんで。必然と盲目下の操作になります(^^;)  しかも2根管で中隔がありその先の合流した奥にねじ込まれてます(ドクターじゃないとわからないと思います)

 

当院の得意としているところは、

インプラント治療なのですが、根管治療も頑張ってます(^^)

根管治療は盲目下になることが多いですが、このインプラント治療はサージカルガイド無しの完全フリーハンド。オールオンフォーの治療でサージカルガイドを使う先生が多いと思いますが、ガイド無しでもopeを出来る先生がガイディッドサージェリーを行うのはいいと思います。

フリーハンドで出来ないからガイディッドサージェリーはどうかと。。。

骨が少ないシビアな無歯顎ケースでサージカルガイドを使うと絶対にずれます…

 

 

 

マイクロスコープの恩恵

久々の投稿になってしまいました。最低でも2週間に1回くらいのペースで書いていきたいのですがサボっていました^^;

 

最近当院で大活躍中のマイクロスコープ!

マイクロスコープは歯を削るときだけではなく、根管治療を行う時にも大活躍します。

 

おかげさまで他院様から根管治療の依頼を頂くようになりました。

根管が見付からないケース、ファイル破折(治療器具が折れて残っている)のケース、様々ですが、いずれのケースもマイクロスコープがないと不可能です。

マイクロスコープがあっても技術がなければ意味がありませんが。

 

今回はそのファイル除去について書こうと思います。

根の治療をする時には細い針金のような器具を使いますが、金属疲労や無理な操作で折れて根管内に残ってしまうとこがあります。折れてもその場で除去すればいいのですがとても難しい処置になってしまうのでそのままになっているケースが多々見受けられます。

根尖病変(根の先に膿が溜まっている)がある場合、どうしてもファイル除去を行わないと治療することができませんので抜歯という選択肢になってしまいます。

右から2番目の近心根にあるファイル破折による金属片除去。

当院ではそのような大抵のファイル除去は問題なく行うことができます。マイクロスコープと特殊な機材、器具が必要なため保険診療ではできませんが(^^:)

このケースは長さが4mm程の金属片が残っております。根管治療をするにあたりファイル除去が必要です。

超音波で破折ファイル周辺を慎重に削っていき、ファイルより更に細いワイヤーで掴んで除去します。ボールペンと比較するとかなり小さいのがわかると思います。

こんな小さいのが悪さをして、腫れたり痛みが出てしまいます。

今まで抜歯になっていた歯もマイクロスコープが登場したことによって歯根破折以外はほぼ残せるようになってきており、マイクロスコープのありがたみをしみじみと感じます。

 

遠方のため根の治療だけ希望される場合、

根の炎症やパーフォレーション(穿孔、根管とは異なる部分に誤って穴が開いている状態)のため抜歯と言われた場合など、

是非一度ご相談ください(^^)

かかりつけがあるのであれば根管治療のみでも可能です。