歯ブラシについて学びました。

患者さまにブラッシング指導を行うには、まずは私たちが歯ブラシについてもっと知識をつけたいということでメーカーさんにお願いして歯ブラシ講座を開いていただきました。歯ブラシにはサイズや硬さなど種類があるのはお店で見たことがあると思います。では、歯科医院で使用している歯ブラシはどう違うのでしょうか。

当院では治療内容や、患者さまのお口の状況に応じて使用する歯ブラシ、オススメする歯ブラシを変えています。それは一般的に市販されている歯ブラシと同じようにヘッドの大きさ、ブラシの硬さなどが異なりますがそれらに加えて症状別で分かれています。例えば当院で使用している歯ブラシではインプラント手術をされた方用、歯周病用など10種類ほどあります。

「私は、口が小さいから小さめの歯ブラシを選んでます。」「硬めのブラシでなければ磨けている実感がない。」「特に気にしたことがない」多くの方々は、このように感覚で歯ブラシを選択していると思います。私自身も以前はなんとなく「柔らかめがいいかな?」程度の勘と好きな色で決めていました。

毎日歯磨きをしているけれど虫歯ができてしまったという方は、磨き残しがあるからかもしれません。ということは歯ブラシの選択が合っていないのかもしれません。奥まで磨いているつもりでも実は奥まで届いていない、強く磨きすぎていて歯茎を傷つけてしまっている。歯磨きの仕方に加えて、自分にあった歯ブラシを選択するのも、お口の健康を維持する予防ポイントのひとつですね。

自分が使っている歯ブラシが適正かわからない時は診療スタッフへお声がけください。あなたに合う歯ブラシを選択してくれますよ!

● ● ●

先日のことですが院長先生と歯科技工士さんのお誕生日でした!おめでとうございまーす!スタッフみんなでお祝いして、久々にみんなで写真をとったり楽しい時間になりました。

診療終了後のひとこま

歯科医院の診療時間が終わってからは、その日に使った道具を滅菌したり次の日の準備をしたり、院内の清掃をしたり色々忙しいのですが定期的に勉強会も行われています。
今日は院長先生と技工士さんを交えての勉強会です。

日頃から練習や勉強を頑張ってくれているスタッフ達ですが、院長自ら教えてくれるときは皆の集中力が違います!
インプラントの知識、治療で使う道具など覚えることはたくさんあるので、自主的に勉強してくれるスタッフに感謝です。
真剣に話を聞いたり、実習をしている姿はとても頼もしいですね。

GW期間中の休診日のお知らせ

GW期間中の休診日について

◎ GW期間の休診日のお知らせです。

【休診日】 4月29・30日、5月3・4・5・7日

5月1・2日、6日は通常通りの診療日となります。
ゴールデンウィーク明けの週は大変混み合いますので、ご予約検討中の方はお早めにご予約下さい。よろしくお願い致します。

春はキレイな歯で出かけませんか?

新しい季節に素敵な笑顔。
春は出会いの季節、新学期、新生活など新しい出会いや出来事がたくさんある季節ですよね。気分を変えて心新たにお仕事に取り組むという方も多いのではないでしょうか。

歯科医院でもこの季節は審美歯科やホワイトニングなど自分磨きをされる方が多くいらっしゃいます。春休みの間にホワイトニングをしてみたい、気になっていた着色を落としたいというご要望もいただきます。

笑顔を輝かせるためにできることは?
岡崎デンタルオフィスで受診できるお口のメンテナンスをいくつかご紹介させていただきます。第一印象を決める大きなポイントになるのがお口元とも言われていますので興味が湧いてきますね。

ホワイトニングで綺麗な白い歯を手に入れたい。
ホワイトニングにはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングという方法があります。

オフィスホワイトニングとは?
歯科医院で施術するホワイトニングです。歯の表面にホワイトニングジェルを塗って特殊な光を照射することで歯の内部にある色素を分解し、歯を白くします。

ホームホワイトニングとは?
自分専用のマウスピースを作り、そこにホワイトニングジェルを流してホワイトニングをする方法です。自宅でできるので通院の時間があまり取れない方に喜ばれています。

このほかにオフィスとホームを併用するデュアルホワイトニングという方法もあります。目標の白さに到達するまでの時間を大幅に短縮でき、白さも長期間維持することができます。

岡崎デンタルオフィスでは、理想の白さに近づけるためのコースメニューも展開しています。3月・4月限定のホワイトニングプランもありますので興味がある方はこの機会にぜひご検討ください。

 
 
 

インプラント専門歯科技工士による院内ラボ研修会

私たち医療法人白翆会は、広域医療法人として複数の県で病院・診療所等を開業する医療法人です。先日のことですが、岩手県盛岡市にある佐藤誠歯科医院から歯科技工士が岡崎デンタルオフィスを訪れ、白翆会グループ院内ラボ合同研修会を開催しました。

日頃はそれぞれのクリニックで院内技工士として活躍していますが、症例により連携して患者さまの補綴物を製作しています。盛岡、岡崎ともにインプラント治療が多いため技術の向上はとても重要になります。岡崎デンタルオフィスのインプラント専門歯科技工士による研修はとても刺激になったようで研修が終わったあとにイキイキと話している若手技工士を見ていると将来が楽しみになりました。

歯科医院での治療費も医療費控除の対象です。

医療費控除とは、一年間に自分自身や家族の為に支払った医療費が10万円以上だった場合に確定申告すると、一定の所得控除を受けることができます。この制度を利用することで、医療費の負担を軽くすることができます。

医療費の対象は?
いわゆる病気を治療するための実際に支払った全ての費用、風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費※)、介護費用などが対象になります。
※骨折などの相当な理由がない限り、タクシーの利用は認められません。

歯科においては、保険治療はもちろん自費治療においても、金やポーセレンを使用した金属冠や義歯、インプラントなどの治療において支払った金額は対象となります。矯正に関しては、不正咬合の歯列矯正のように、身体の構造や機能を是正する目的で行われる場合は認められます。ただし、美容目的のものは全て対象外となります。また、一般的に歯ブラシなどの物品の購入費用は対象にはなりません。

医療費控除の手続き
医療費控除を受けるためには、その支払いを証明する領収書等を確定申告書に添付するか、提示することが必要です。医療関係の領収書は大切に保管しておきましょう。

一般にサラリーマンなどの給与所得者は還付申告、それ以外の方は確定申告にて申請します。
※確定申告の期間中でなくても可能ですし、忘れていた場合も5年間でさかのぼって申請することができます。