診療内容 Contentsof medical treatment

保険診療と自費診療の違いInsurance practice and his own expense medical care.

保険診療と自費診療の違い

 

目的に合わせて選択することができる保険診療と自費診療

歯科診療は、保険診療と自費診療に分けられます。この治療の選択により使用できる素材、仕上がりや耐久性などの大きな差が生じるため実はきちんと理解していただきたいことなのです。
健やかに過ごせるように明確にご理解いただきご自身にとって"最適な選択"が出来るようにしましょう。

保険診療 自費診療
機能回復を目的とした保険診療。国により使用する素材・治療法・保険点数が定められていて、必要最低限の治療が受けられます。 使用する素材や治療法に制限がなく、見た目や噛み心地の良さ、耐久性の高さなど高品位な治療・仕上がりにこだわることができます。

健康保険が適用される「保険診療」、適用されない「自由診療」という全国の歯科医院で共通の"違い"となります。保険診療で使える治療法や素材、保険点数もすべての歯科医院で共通です。

治療法や治療費、素材の違い

保険診療 自費診療
治療内容 制限はあるものの機能回復のための治療を受けられる。より良いのは自費診療だが、保険診療の質が悪いということではない。 さまざまな素材・治療法を選択できるため、症例に最適な治療を受けことができる。
審美性 保険診療は機能回復に重点が置かれており、審美性に優れているとは言えない。 セラミックなど審美性に優れた素材を使える。自然な仕上がりで治療痕が一目ではわからないほど。
耐久性 自費と比べても遜色ないが、入れ歯などは自費のもののほうが耐久性に優れている。 保険のものと比べると耐久性に優れたものをつくることができる。
治療費 健康保険が適用されるため経済的な負担をおさえられる。経済的な負担を抑えられることが大きなメリット。 保険が適用されないため全額自己負担での治療になります。歯科医院により、治療費の設定が異なります。

結局のところどちらがいいの?

岡崎デンタルオフィスでは、インフォームド・コンセント(説明と同意)に基づいて患者さまとのコミュニケーションを大切にしております。治療を開始する前に診断結果をもとに、患者さまの口腔内の状況についてお話しさせていただきます。どのように治療計画で治療を行っていくかのご提案をいたしますので、最終的には患者さまに選択していただいただきます。ご自身のご要望やご予算などに合ったものをお選びください。

私たちは、患者さまがより良い選択ができるよう情報提供をさせていただきますので、不明点や不安がございましたら診療スタッフまでお声がけください。

治療後も安心のトータルサポート

岡崎デンタルオフィスは、治療後までもトータルサポート。

患者さまが安心してより良い選択をできるように。

岡崎デンタルオフィスでの自費治療には、一部を除き独自の保証がついております。通常の使用により破損した場合はもちろん、交通事故や転倒による破折についても承ります。

自費治療の保証はインレー、クラウン、ブリッジ、義歯、インプラントです。フッ素塗布、PMTC、ホワイトニングはこの保証の適応外となります。
※保険診療には保証はありませんのでご了承ください。

医療保控除について

歯科治療は医療費控除の対象になるの?

医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日までに10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

療費控除の対称となる医療費には、各種病院や診療所で支払った保険診療の治療費だけでなく、インプラントなどの自費診療の費用や治療に必要なその他の費用も含まれます。注意が必要なのは『治療に必要な費用』ということで、治療の必要がなく完全に審美目的で行った場合の費用は対象外ということです。同じ理由で、健康管理や病気の予防のための費用、人間ドックなどの健康診断の費用に関しても対象外です。

医療費控除として申告が可能な費用には以下のようなものがあります。
※一般的に支出される水準を著しく超える場合は対象外となる場合もあります。

○インプラント・矯正治療・差し歯やかぶせ物などの高額医療費
※ただし、治療として認められない、予防目的・審美目的・美容目的でかかった費用は対象外

お電話でのご予約
オンライン予約

 

採用応募エントリー

information

  • よくあるご質問
  • 医療費控除について

 

自費治療の保証体制

ページ上部へ戻る